Event is FINISHED

東京⇄三好 地域とつながる!つまみ食いナイト

Description

東京のアクティビティもいいけれど、日本にはまだまだいろんな土地があって、人がいて、暮らしや文化があります。私たち株式会社コンセントのメンバーが、あるプロジェクトをきっかけに昨年8月からほぼ毎月通いつづけた、徳島県三好市もその一つ。同じようにひょんなきっかけからこの地に出会い、これまでとは違う生き方を選んだ三好市在住のお二人と一緒に、暮らしや仕事や色々の話を、地元特産の食材とお酒をつまみながら、ざっくばらんにお話します。


■三好との出会い

こんにちは!株式会社コンセント デザイナーの青松と申します。

東京の大学を出て、東京のデザイン会社で働きはじめ早13年。家族ができてからは地元の横浜から電車通勤、もうすっかり暮らしのフィールドが東京-横浜になりました。
でも、そんな自分に昨年大きな変化が。お正月に家族で徳島県三好市を訪れたのをきっかけに、いろんな縁があっという間に繋がり…気がつけばほぼ毎月、三好を訪れるようになってしまいました。この歳になって、何度もかえる“ふるさと”のような場所が新しくできるなんて夢にも思っていませんでしたが、それどころか親戚、同僚、友人など、周囲をじわじわと巻き込んでゆき…しまいには会社の仲間と三好市の活性化をお手伝いすることに。この詳細は「只今お試し2拠点生活中in徳島県三好市」というブログで、メンバーが代わる代わるレポートしていますのでぜひご覧ください。



■ゲストは三好と東京 二拠点生活の3人

そこで今回は、そんな三好市という地域と人との触れ合いを通じて新しい“ふるさと”ができるきっかけを皆さんに共有したいと思い、イベントを企画しました。
徳島県三好市は、吉野川の清流と深い山々が織りなす美しい自然に抱かれる地。多くの観光客で賑わうかずら橋や日本三大秘境と呼ばれる祖谷集落、ラフティング・ウェイクボードの世界大会の会場になった吉野川、いまも息づく妖怪伝説や毎年2万人以上が集まる四国酒まつりなど、魅力てんこ盛りの土地です。


そんな三好からお招きする最初のお二人は、この地の魅力に心惹かれ、東京と三好を行き来しながら、自分らしい生き方を今も模索している、そんなお二人です。
3人目のスピーカー・荒尾は、同僚の僕に気がついたら巻き込まれてしまった1人。今では彼女も、毎月のように三好を訪問する「三好をつまむ人」になってしまいました。
三好市のことを、もうすでに知ってる人も、知らなかった人も、この夜あなたの心に三好の人と食が刻まれる(はず!)。帰り道、自分の中の日本が、ちょっとだけ広くなった気がするかもしれません。

---2/22追記---
当日の「三好つまみ食い」メニューが決まりました!
今回はご近所の“キッチンわたりがらす”さんのシェフが腕をふるいにふるってくださいます。
現在提供予定のメニューは、

・鹿ソーセージのカナッペ
・祖谷豆腐 ゆず味噌田楽
・干し大根のハリハリ漬け
・刺身こんにゃく
・ボケ揚げとグリーンサラダ
・なると金時のチップス
・れんこんと原木椎茸のグリル 山クルミとチーズソース
・鹿のロースト クレソンと干し柿のソース
・猪のグリル そば米の煮込み添え
・干し鮎と干しきの子の炊き込みご飯
・山菜料理
・野菜料理
※メニューは当日変更になる可能性があります。

乞うご期待、です!

------


【プログラム】
17:00 開場
17:30 開始、本日のイベントについて
17:40 [トーク1]佐藤実希子「仕事から自由になる、東京・三好の2拠点生活(仮)」
18:15 [トーク2]植本修子「廃校活用でアイデアを形に。地域での居場所の作り方(仮)」
18:50 [トーク3]荒尾彩子「地域の魅力をよそ者視点でみつける方法(仮)」
19:30 懇親会 三好の美味しいものをツマミに


【プロフィール】
ゲスト

佐藤実希子
ヨガ・瞑想講師、タイ古式マッサージセラピスト
http://mikikoyoga.com/
ヨガとは、生き方そのものであるという思いのもと、首都圏で月に100本近いクラスを持つ生活に終止符を打ち、2016年9月、標高666メートルある徳島県の限界集落に移住。
山では野菜を育て、ヨーガの実践を通して、衣食住を丁寧に楽しむ暮らしをしている。
1か月に10日ほど、東京にて特別クラス、個人セッションを行い、年に数回、自宅兼ヨガサロン『天空のYOGAサロン~6.2.3庵~』にてリトリートを開催している。

ゲスト

植本修子
株式会社ハレとケデザイン舎代表
1994年よりデザイン事務所で3年間勤め、アナログデザインの基礎を学ぶ。1997年からフリーランスで活動し、2000年、オンラインコミュニケーションのベンチャー企業の立ち上げに参画、クリエイティブ・ディレクターとしてソニー、富士重工業、貝印、シュウウエムラなど大手企業のクライアントワークを行う。
後にクライアント企業のCSRとしての試みで行った日本各地の環境活動家などのインタビューやイベント活動、ラジオ番組の立ち上げなどさまざまな経験が、現在のつながりやデザインの考え方、姿勢に影響していると感じる。

2014年、東京から徳島に移住し起業。秘境の廃校でデザインのほかカフェやゲストハウスを運営、2018年よりもう一つの木造の廃校で「シモノロ・パーマネント」として、デザインを活かした新たな活動をスタートした。

ゲスト

荒尾彩子
株式会社コンセント クリエイティブディレクター
コミュニケーションメディアのコンテンツ戦略をつくり、編集手法を用いてターゲットに届く表現に導く。これまでに、自動車・医薬品などの業界や、研究開発・教育機関など、多様な分野のコンテンツ開発に関わる。近年では、企業の部署を横断した課題解決を行うために、ワークショップ型のコンテンツ開発を推進し、ブランディングやコミュニケーション全体の設計に携わっている。

ファシリテーター

青松 基
株式会社コンセント アートディレクター
雑誌のエディトリアルデザインからキャリアをスタートし、月刊誌のアートディレクターを経て現在は、紙・ウェブ問わずあらゆる情報発信における企画立案からデザインまで、総合的にプロジェクトに関わっている。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#412248 2019-02-22 09:55:40
More updates
Sat Mar 2, 2019
5:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
amu
Tickets
参加費無料 FULL
Venue Address
東京都渋谷区恵比寿西1-17-2 Japan
Organizer
amu
5,318 Followers
Attendees
44